スタッフ

  • 特任助教
    松原 崇一朗

経歴

2009年 大分大学医学部医学科 卒業
2009年 福岡徳洲会病院 初期研修医
2011年 福岡徳洲会病院 総合内科
2013年 熊本大学医学部付属病院 神経内科入局
2014年 熊本赤十字病院 神経内科
2015年 国立循環器病研究センター 脳血管内科 専門修練医
2017年 済生会熊本病院 脳卒中センター・神経内科 主任医員
2019年 熊本大学病院 脳神経内科、救急総合診療部 特任助教

脳神経内科を選んだ理由

ヒトが最も人らしくあるための重要な領域に携わりたかったためです。

脳神経内科のいいところ、お勧めできるところ

病歴と診察というprimitiveなものが最も重要視される診療科であり、一方で現在もこれからも先進的な事が産まれていく科でもあります。 ファジーでロジカルな領域だと思います。

若手医師、学生へのメッセージ

何が自分にとって重要なものかを決めるのは難しいですが、脳神経内科では多くの選択肢があると思います。急性期、慢性期、臨床、研究、教育、趣味、家庭、など個々人のニーズに応える事が我々の医局では可能です。

専門分野

脳卒中、神経救急、てんかん
続きを表示
Copyright© Department of Neurology, Graduate School of Medical Sciences, Kumamoto University.