スタッフ

  • 助教
    植田 明彦

経歴

2001年 熊本大学医学部卒
2009年 熊本大学大学院生命科学研究部 神経内科学分野

神経内科を選んだ理由

救急疾患から慢性疾患までの幅広い疾患を扱うことが魅力的であり、学問の成就を志して、難病に苦しむ患者に寄り添いながら、医療に貢献することができるため

神経内科のいいところ、お勧めできるところ

神経診断学を軸に、循環器疾患、膠原病、感染症、変性疾患など様々な疾患を扱うため、総合的な臨床力を身につけることができます。また、基礎研究では、分子レベルでの解析研究ができます。

若手医師、学生へのメッセージ

ポストゲノムの時代において、遺伝性難病の多くを扱う神経内科は、次時代の医療を切り開く、重要な局面に向かっています。不治の病と格闘して、学問の力で難病に苦しむ患者さんを救うことが神経内科の使命です。

専門分野

遺伝性脳血管障害
続きを表示
Copyright© Department of Neurology, Graduate School of Medical Sciences, Kumamoto University.