研究業績

研究業績2021年度 邦文原著

詳細

1.   増田 曜章, 安東 由喜雄: 【自律神経と心血管系調節】アミロイドーシスの血圧調節障害と自律神経障害. 脳神経内科96: 73-79, 2022

 

2.不動 藍生, 松原 崇一朗, 増田 曜章, 三隅 洋平, 植田 光晴: ギラン・バレー症候群と鑑別を要した神経サルコイドーシスの1. 臨床神経学 61: 890, 2021

 

3.神宮 隆臣, 野村 隼也, 植田 明彦, 中原 圭一, 中島 誠, 小島 祥, 井上 俊洋, 植田 光晴: SARS-CoV-2 mRNAワクチン接種後抗MOG抗体関連視神経周囲炎の1. 臨床神経61: 888, 2021

 

4.中島 誠: 【脳卒中診療最前線】発症・再発予防のためのリスク管理 脂質異常症. 臨牀と研究98: 1452-1456, 2021

 

5.神宮 隆臣, 中島 誠, 石原 正一郎, 近藤 竜史, 上宮 奈穂子, 掛樋 善明, 中館 雅志, 植田 光晴: 急性期血栓回収術後のけいれん発作と予後の検討. 脳血管内治療 6: S353, 2021

 

6. 東 将希, 増田 曜章, 三隅 洋平, 松原 崇一朗, 植田 光晴: SUDOSCANを用いたシェーグレン症候群関連ニューロパチーの治療効果判定. 神経治療学38: S296, 2021

 

7. 岡田 雄二朗, 松原 崇一朗, 中島 誠, 上谷 浩之, 賀耒 泰之, 増田 曜章, 三隅 洋平, 平井 俊範, 武笠 晃丈, 植田 光晴: 水痘帯状疱疹ウイルス関連血管症による進行性中大脳動脈狭窄に対し経皮的脳血管形成術が奏効した1. 神経治療学 38: S266, 2021

 

8. 植田 光晴: 神経筋疾患の核酸医薬による治療戦略の最前線 遺伝性トランスサイレチンアミロイドーシスに対する核酸医薬治療の実践. 神経治療学38: S177, 2021

 

9. 山下 賢: 運動ニューロン疾患の新規治療とエビデンス ALSに対する新規治療. 神経治療学 38: S134, 2021

 

10. 松原 崇一朗, 中島 誠: 救急医療と神経生理 脳卒中における急性症候性発作の臨床神経生理. 臨床神経生理学 49: 295, 2021

 

11. 不動 藍生, 野村 隼也, 増田 曜章, 松原 崇一朗, 三隅 洋平, 植田 明彦, 中島 誠, 植田 光晴: Popeye signを認めた野生型ATTRアミロイドーシスの一例. 臨床神経学 61: 778, 2021

 

12. 池袋 雄太, 松原 崇一朗, 杉村 勇輔, 俵 望, 中島 誠, 植田 光晴, 後藤 雄一: 新規mt-tRNA変異の同定に至ったMERRF1. 臨床神経学 61:777, 2021

 

13. 山下 賢: 多彩な免疫学的機序により発症する筋疾患 封入体筋炎を取り巻く免疫学的病態. 神経免疫学 26: 72, 2021

 

14. 植田 光晴: 【脳神経内科疾患 実地医家が知るべき現場対応から最新治療までを網羅する】脳神経内科疾患 いま必要な知識をコモンディジーズから革新的治療まで網羅する 遺伝性ATTRアミロイドーシス. Medical Practice 38: 1859-1864, 2021

 

15. 不動 藍生, 松原 崇一朗, 増田 曜章, 三隅 洋平, 植田 光晴: ギラン・バレー症候群様の臨床像を呈した神経サルコイドーシスの1. Journal of Japan Society of Neurological Emergencies & Critical Care 3: 84, 2021

 

16. 永松 秀一, 増田 曜章, 三隅 洋平, 杉村 勇輔, 中島 誠, 植田 光晴: 脳塞栓症の原因となった野生型トランスサイレチンアミロイドーシスの1. Journal of Japan Society of Neurological Emergencies & Critical Care 34: 46, 2021

 

17. 永松 秀一, 松原 崇一朗, 上谷 浩之, 増田 曜章, 三隅 洋平, 樋口 悠介, 松岡 雅雄, 平井 俊範, 植田 光晴: 大脳皮質内中心の多発微小出血を呈した血管内大細胞型B細胞性リンパ腫の1. 臨床神経学 61: 572, 2021

 

18. 岡田 雄二朗, 松原 崇一朗, 中島 誠, 上谷 浩之, 賀耒 泰之, 増田 曜章, 三隅 洋平, 平井 俊範, 武笠 晃丈, 植田 光晴: 水痘帯状疱疹ウイルス関連血管症による高度中大脳動脈狭窄に対し経皮的脳血管形成術が奏功した1. 臨床神経学 61: 570, 2021

 

19. 山下 賢: 【前頭側頭型認知症とその関連疾患の最先端】多系統蛋白質症における前頭側頭型認知症. Dementia Japan 35: 295-303, 2021

 

20. 植田 明彦: 【手順が見える!わかる! 疾患・シーン別でもう迷わない これ1冊で超安心! 脳神経疾患患者の観察・アセスメント】脳神経疾患患者によく使われる観察・アセスメント バビンスキー反射:Brain Nursing(0910-8459)2021夏季増刊: 90-92,2021

 

21. 植田 明彦, 河野 浩之: 診断に迷う非典型的な遺伝性脳血管障害 脳表型の脳小血管病巣が特徴的であり, 血管危険因子の管理が予防に重要. 日本医事新報 5083: 48-49, 2021

 

22. 三隅 洋平: 遺伝性神経難病の診断・治療の歩みと発展 トランスサイレチン型家族性アミロイドポリニューロパチーをテーマに治療法および未発症保因者のケア. 日本難病看護学会誌 26: 25, 2021

 

23. 増田 曜章: 遺伝性神経難病の診断・治療の歩みと発展 トランスサイレチン型家族性アミロイドポリニューロパチーをテーマに病態,早期診断や病態評価法. 日本難病看護学会誌 26: 24, 2021

 

24. 植田 光晴: 遺伝性アミロイドーシス診療の進歩と課題 新しい難病医療の構築に向けて. 日本難病看護学会誌 26: 2, 2021

 

25. 山下 賢: 【多系統蛋白質症に関する最近の進歩】遺伝子変異からみた多系統蛋白質症. 脳神経内科 95: 104-111, 2021

 

26. 岡田 雄二朗, 松原 崇一朗, 中島 誠, 高松 孝太郎, 増田 曜章, 三隅 洋平, 野坂 生郷, 松岡 雅雄, 植田 光晴: ATLの急性転化による末梢神経障害を認めた1. 臨床神経学 61: 431, 2021

 

27. 不動 藍生, 増田 曜章, 野村 隼也, 三隅 洋平, 植田 光晴: 遺伝子サイレンシング療法により経過が良好であった遺伝性トランスサイレチンアミロイドーシスの1. 臨床神経学 61: 431, 2021

 

28. 野村 隼也, 田崎 雅義, 三隅 洋平, 増田 曜章, 岡田 匡充, 井上 泰輝, 植田 光晴: Direct MALDI-TOF-MSを用いた変異型トランスサイレチンの迅速な検出. 末梢神経 32: 131-137, 2021

 

29. 山川 誠, 中根 俊成: 【末梢神経障害と自己抗体:updates】自己免疫性自律神経節障害 10の課題. 末梢神経 32: 38-46, 2021

 

30.中原 圭一, 中根 俊成, 向野 晃弘, 樋口 理, 松尾 秀徳, 植田 光晴:抗gAChR抗体陽性のパーキンソニズム症例の臨床的特徴: パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集1576, 2021

 

31. 岡田 匡充, 稲富 雄一郎, 植田 光晴:【脳神経もう一度眺めてみよう】特徴的症候群A to Z Ross症候群. Clinical Neuroscience 39: 642, 2021

 

32. 中島 誠:「経頭蓋カラードプラ法による微小栓子検索が癌関連脳卒中の病態把握に有用であった1例」へのご質問. Neurosonology 34: 19-20, 2021

 

33. 井上 泰輝, 安東 由喜雄, 山下 太郎, 植田 光晴, 三隅 洋平, 増田 曜章: ムーンライト解糖系酵素に焦点をあてた脳アミロイドアンギオパチーの病態解析と治療開発への挑戦. 大和証券ヘルス財団研究業績集44: 109-112, 2021

 

books on zlibrary official
Copyright© Department of Neurology, Graduate School of Medical Sciences, Kumamoto University.