スタッフ

  • 大学院・博士3年
    原 健太朗

    平成25年3月卒の原健太朗と申します。平成29年度より大学院博士課程に進学させていただき、安東先生、山下賢先生のご指導のもと、神経筋疾患の病態解析および治療法の研究を行っております。

     

    現在の所Matrin-3関連神経筋疾患を中心に、神経や筋細胞の細胞内凝集体をテーマとしております。思ったような結果ばかりではありませんが、神経筋疾患の病態を少しずつでも解明していければ幸いです。

    今後の神経内科学の発展のため精一杯努力する所存です。今後ともご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。

Copyright© Department of Neurology, Graduate School of Medical Sciences, Kumamoto University.