スタッフ

  • 特任助教
    井上 泰輝

    私は、脳の血管にアミロイドとよばれるタンパク質がたまって、脳出血や認知症を引き起こすアミロイドアンギオパチーという病気の仕組みとその治療法をみつけるため、大学院で安東 由喜雄先生、植田 光晴先生のご指導のもと、研究をさせて頂いております。アミロイドアンギオパチーはアルツハイマー病の患者さんに起こりやすく、認知症が報道で取り上げられ大きな社会問題となる中、その制圧は喫緊の課題といえると思います。微力ではありますが、一生懸命にこつこつ研究を重ね、ひとつでも多くの発見をして、健康で長生きのできる社会へ結びつけてゆけたらと思いながら、日々の研究に取り組んでいます。

続きを表示
Copyright© Department of Neurology, Graduate School of Medical Sciences, Kumamoto University.