スタッフ

  • 特任助教
    (総合臨床研究部 研究展開センター所属)
    池田 徳典

    私は多能性幹細胞 (ES, iPS細胞)を利用した自己免疫疾患に対する細胞治療の研究をずっと行ってきましたが、昨年より生物統計学の魅力に取りつかれてしまい、人生2度目の大学院生 (社会人)として統計の研鑽を積む毎日です。熊本大学神経内科は、私のような異質な人間にも寛容性がある素敵な教室です。

Copyright© Department of Neurology, Graduate School of Medical Sciences, Kumamoto University.