研究業績

臨床研究

当科では患者様の診断、治療、術後経過などのデータを用いて多くの臨床研究を行い、
将来の治療成績の向上や、新しいガイドラインのエビデンス構築に貢献できるように努めています。
診療前後に研究への同意をいただいた患者様のデータを活用しています。
倫理委員会での承認を得た上で研究を進め、学会発表や論文で結果を公表しています。

  • トランスサイレチン(TTR)型家族性アミロイドポリニューロパチー(FAP)患者の病態を修飾する遺伝的因子に関する研究
    受付番号/研究機関◆受付番号
    倫理第906号 ゲノム第283号

    ◆研究期間
    平成26年12月22日から平成30年5月31日まで
    詳しく見る
  • 脳卒中研究者新ネットワークを活用した脳・心血管疾患における抗血栓療法の実態と安全性の解明(BAT2 研究)
    受付番号/研究機関◆受付番号
    倫理 第1220号

    ◆研究期間
    平成28年9月8日から平成32年3月31日まで
    詳しく見る
  • 水俣病患者の自然歴の実態調査
    受付番号/研究機関◆受付番号
    倫理第746号

    ◆研究期間
    平成25年12月4日から平成31年3月31日まで
    詳しく見る
Copyright© Department of Neurology, Graduate School of Medical Sciences, Kumamoto University.