研究業績

アミロイド繊維の構造及び生化学的特質の解析

受付番号/研究機関 ◆受付番号
倫理第1731号

◆研究期間
2019年6月18日から2025年3月31日まで
詳細

本研究の目的及び意義

アミロイドーシスは、遺伝子変異や加齢、炎症、腫瘍などが原因となり、通常は可溶性である蛋白質がアミロイド線維を形成し、様々な臓器の機能障害を引き起こす疾患群です。アミロイド線維が、どの様に形成され、どの様に病気を引き起こすか不明な点が多く残されています。

本研究では、患者様の組織に沈着したアミロイド線維を詳細に解析し、どの様な形をしているかを明らかにすることを目的としています。また、アミロイド線維がどの様な成分を持つかを解析し、病気が起こるしくみを明らかにすることで、将来的な治療法開発に役立てることを目指します。

 

研究の方法

アミロイドーシス患者様20名(遺伝性トランスサイレチンアミロイドーシス患者様 10名(若年発症患者様 5名、高齢発症患者様 5名)、野生型トランスサイレチンアミロイドーシス患者様 5名、その他のアミロイドーシス患者様 5名)を対象に研究を行います。

診断目的に実施された生検検体もしくは剖検病理組織を用いて、組織溶解バッファーなどでアミロイド線維を精製し取得したアミロイド線維を研究に用います。

アミロイド線維の詳細な構造をクライオ電子顕微鏡で解析するために、大阪大学 蛋白質研究所へ精製したアミロイド線維を送付し、共同研究として解析を実施します。

抽出したアミロイド線維の構成成分を生化学的な手法を用いて解析します。

アミロイド線維の特徴と、病気の特徴(発症年齢や重症度など)が関連しているか解析します。

本研究に関係する全ての研究者は、「ヘルシンキ宣言」及び「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に従って実施します。

 

試料・情報の取得期間

1990年1月から2019年4月までに、熊本大学病院で診断時に取得された生検組織検体を解析に用います。また、1970年1月から2019年4月までに、熊本大学医学部で剖検時に取得された剖検組織を解析に用います。承認日から2025年3月まで熊本大学病院を受診され、アミロイドーシスの診断を受けた方で生検もしくは剖検を受けられた方も対象とします。

 

研究に利用する試料・情報

診断目的で採取された生検組織の残余検体 数 mg もしくは、剖検組織 500 mgを、溶解バッファーを用いてホモジネート後に遠心分離しアミロイド線維を抽出し、クライオ電子顕微鏡解析および生化学的解析に用います。クライオ電子顕微鏡解析に用いるアミロイド線維は、熊本大学 脳神経内科学で抽出後に、クール宅急便で大阪大学 蛋白質研究所へ送付します。解析終了後も匿名化されたアミロイド線維は、5年間は大阪大学 蛋白質研究所で保管され、その後、生体由来の感染性廃棄物として処分します。

臨床情報:研究対象者の診断及び治療を通じて得られた年齢、性別、発症年齢、臨床症状、アミロイドのタイプ、トランスサイレチン遺伝子型を診療記録から抽出します。臨床情報は、熊本大学 脳神経内科学で管理する。臨床情報は、大阪大学 蛋白質研究所へ送付しません。

試料・情報の保管にあたり、十分な安全管理措置を講じます。試料は入退室管理されている臨床研究棟12階に設置されたディープフリーザーにて厳重に管理します。研究に用いる試料および情報(対応表を含む)は研究終了後、10年間は保管します。臨床情報は匿名化し、熊本大学 脳神経内科に設置された施錠されたロッカー内に保管します。

 

研究機関の名称並びに研究責任者の氏名

研究機関名称:熊本大学病院 脳神経内科
研究責任者:植田 光晴 脳神経内科 講師

研究成果に関する情報の開示・報告・閲覧の方法

研究成果は、国内外の学術誌や学会での発表に加えて、熊本大学 脳神経内科ホームページ上で概要を公開する予定です。研究の独創性等の確保と他の被験者の個人情報の保護に支障がない範囲で、研究対象者は研究に関する情報を問い合わせることができます。個人情報や研究者の知的財産の保護等の観点から、すべての情報を開示できない場合があります。

個人情報の取り扱いについて

研究対象者個人を識別しうる情報(氏名、生年月日、性別、住所、医療機関のID番号など)、組織検体は、対応表を作成し匿名化します。匿名化された臨床情報は熊本大学 脳神経内科に設置された施錠されたロッカー内に保管します。診療情報は外部機関へ提供しません。成果報告(学術誌への論文発表、関連学会での学会発表)は、研究対象者個人が識別されないように行います。前述の方法で研究に使用する情報は厳密に管理し、漏洩には中止して研究を行います。

利益相反について

本研究は、国から交付された研究費(科学研究費)によって行われ、本研究に携わる全研究者によって公正に費用を使って研究が行われます。本研究の利害関係の公正性については、熊本大学大学院生命科学研究部等臨床研究利益相反審査委員会の承認を得て実施されます。

本研究参加へのお断りのお申し出について

本研究に関しまして、研究利用を拒否する自由があります。本研究への協力を希望されない患者様は、下記の応答責任者までご連絡をお願いします。研究参加に同意した場合であっても随時これを撤回できます。同意を撤回しても患者様の不利益は生じません。

 

お問い合わせ対応窓口

熊本大学病院 脳神経内科
担当者:植田 光晴
連絡先:熊本大学病院 脳神経内科
〒860-8556 熊本県熊本市中央区本荘 1-1-1
電話 096-373-5893

Copyright© Department of Neurology, Graduate School of Medical Sciences, Kumamoto University.