検査依頼

NT5C1A抗体

概要 封入体筋炎が疑われる患者(50歳以上で発症し筋力低下が慢性に進行する症例、左右非対称の筋力低下と筋萎縮が大腿四頭筋や手指・手首屈筋に見られる症例、骨格筋には縁取り空胞と呼ばれる特徴的な組織変化を生じ炎症細胞浸潤を伴う症例など)。その他の症例についてもメールにてご相談ください
申し込み方法

検査の申込方法(検査に必要なサンプル種類,書類,郵送のタイミングの3点)

サンプル:
血清2〜3 mL(血清分離用の採血管(茶キャップ)を1本採血後、血清を遠心分離し、凍結後にドライアイスに入れ、クール宅急便でお送りください。)  

 

必要書類:
1)申込書(ダウンロードし、メールでお送り頂いても結構です) 2)同意書のコピー(ダウンロードし、記入後の原本は貴施設にて保管ください)  

 

郵送のタイミング:
受け取りを確実にするため、検体発送の際には当方への到着が午前中で、土日祝日にならないように十分ご配慮ください。

 

検査結果のお知らせ方法:
結果は基本的にはメールで報告いたします。  

 

検査に必要な書式ダウンロード(書類一式をお送りください)
1)申込書(従来分と同様) 2)同意書(従来分と同様)

問い合わせ先
熊本大学大学院生命科学研究部 神経内科学分野
准教授 山下 賢
〒860-8556 熊本市中央区本荘1-1-1 西病棟4F 医師室
TEL: 096-373-5893  FAX: 096-373-5895
y-stshkumamoto-u.ac.jp
アドレスの●マークを@に変えて送信してください。
お手数ですが迷惑メール防止の為ですのでご了承下さい。
Copyright© Department of Neurology, Graduate School of Medical Sciences, Kumamoto University.